月美雲(つきみぐも)のファン旅

ファンタスティックな旅のような楽しい事&モノたくさん!

お盆の【立山黒部アルペンルート】混んでてもちゃんとまわれるの?行って来ました!

【立山黒部アルペンルート】って、お盆に行っても横断出来るのか、試してみました。


f:id:tsukimigumo:20190425211333j:image

⇈弥陀ヶ原湿原の池塘(ちとう)。餓鬼田(がきた)とも呼ばれている。⇈

 

「立山黒部アルペンルート」ってきっと日本人なら1度は耳にしたことある、有名な観光地ですよね。

 

そして、半分くらいの方は行ってみたいと思う観光地かなぁと、個人的な見解ですが。

 

私も旅行会社時代からずっと行ってみたいとは思っていたのですが、距離的にも、金額的にハードルが高く、なかなかご縁のない観光地でした。

 

去年、ぶらタモリで黒部ダムを訪れたTVを見て、近ごろあまり旅行について行きたがらない息子が「行ってみたい!」と。

 

もしかしたら、これがタイミングなのかと思い、ウチは夏の旅行はいつもお盆にしか行けないけど、チャレンジだ!と行く事になった訳です。

 

前置きが長くなりましたが、メチャ混み必死のお盆に行く為に、まず準備した事、お知らせします。

 

 

 

アルペンルートwebキップ予約

 

tateyama-kurobe.alpen-route.com

 

まず、これは絶対にしておいた方がいいです。

 

発売前にこの事を記事にしようと思っていたのですが、遅かったです。

3月1日に発売が開始されてました。

 

お盆にアルペンルート計画されてる方はお急ぎ予約して下さい。

 

 

でもその前に・・・ 

JRで行くか、車で行くか決める

 

車の場合、距離、高速代、アルペンルートでの回送代(25,000円くらい)、運転時間。

 

長い距離を運転するのが辛いのと、金額的にものすごい差があった訳ではないので、JRにしました。

 

 

新幹線の予約は1か月前なので、見込みで先にアルペンルートwebチケットの予約を入れます。

 

webチケットは直前までキャンセル出来るので、押さえておいても大丈夫です。

 

もちろん他にも方法あります。たくさんの旅行会社がツアーを出しています。

パンフレットもチェックしましたが、とにかく高い。

ぞろぞろ行くのも苦手、バスも苦手。自分で行くのが一番と決定。

 

今は新幹線もwebで予約出来ます。

前受けもしてくれます。

 

www.eki-net.com

 

実際、新幹線は問題なく取れました。

 

ただ、帰りのルートに悩みました。

 

最終地点の扇沢から、新幹線の駅、長野までのバスが予約出来ないのです。

 

宿泊地を大町温泉にしたので、途中のバス停から乗る事になります。

 

バスの本数は1時間に1本程度。所要時間2時間以上。

バスが満席で乗れなった場合、新幹線には確実に乗り遅れます。

 

バス会社に聞いたところ、そうですね~乗り遅れちゃいますねって。

お盆なのに。

 

切り替えて、松本から特急で東京をめざす事にしました。

大町温泉から、信濃大町駅まではタクシーで15分ほど。

信濃大町から松本までは普通電車で1時間ほどです。

 

参考までに、JRの実際の時間を記載します。

 

《行き》2018年8月12日

 

大宮(かがやき501号・6時42分発)➞富山(8時26分着)乗り換え徒歩5分程度ですが、チケット買ったりするので、15分は見た方がいいです。

 

電鉄富山(特急立山3号・8時59分発)➞立山(9時50分着)乗り換えの時webチケット交換・所要時間10分程

立山ケーブルカー(10時20分発)

 

《帰り》2018年8月13日

 

信濃大町(10時33分発)➞松本(11時45分着)*松本城観光(実際は混んでて中には入る時間ありませんでした。)

 

松本(スーパーあずさ52号・13時56分発)➞立川(16時25分着)

 

⇈この時間は昨年のものです。

今年の時間を確認して予約してください。

 

まとめ

結果、とにかく立山でケーブルカーさえ乗れてしまえば、アルペンルートの乗り物はどんどん臨時便を出していて、スムーズに移動出来ます。

 

すごくゆっくり各所見学したわけではないですが、普通に見学して、終点扇沢には16時半頃に到着しました。

 

参考になったら嬉しいです。